スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴虐のオベリスク

アルバム各曲にコメントを寄せて行こうと思ったら
クリスマスはおろか、年まで越してしまったよ。(苦笑)
という訳で今年も宜しくお願いします。

で、アルバム収録曲トラックナンバー2である「暴虐のオベリスク」。
これはカミーユがリフをどんどん出してスタジオで合わせて行く、という
所謂HR/HM的な作曲手順を経て完成しました。
結構紆余曲折で出来上がったんだけど特に構成に苦労しましたね。
所謂HR/HMといってもそこはマルベリーズ、やっぱりちょっとへそ曲がり。(笑)
実はこの手の曲には常套手段のギターソロが無いんだな。(爆)
という事は即ちヴォーカルが休めない、というわけ。(号泣)
曲の特性故、キーも高いし最初のうちはかなり苦労しましたねぇ。
今はペース配分が掴めたので大丈夫なんだけど。

歌詞は高校生の時に読んだとある史実が基になっていて
民族による民族の蹂躙、という事がテーマです。
伝わってるかどうかちょっと心配なんだけど。

そんな事もイメージしながらPLAY LOUD!(と、ハードロック調。) ★
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。