スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスティーナ

昨日は新年最初の逢瀬、ご来場下さった皆様ありがとうございました。
久しぶりの通常逢瀬、今年はいつになく数多くステージに立つので
応援宜しくお願いします。

と言う訳でまたしても随分間が空いちゃったけど「マルベリーズ その新世界」のお話。
トラックナンバー3、「クリスティーナ」。

これは銅鑼マーA-taroの作。
ある時「曲を作ったんだけどスタジオで弾き語りするには技量が不足してるから」
とカセットテープ(!)と歌詞の草稿を手渡されて。
スタジオでメンバー一同聴いて練り上げたのがカンツォーネ仕立てのこの曲。
本人は「地中海の風」とかなんとか言ってたけど
そんな感じに聴こえてる?皆さん。(笑)

実は今回のアルバムはこうして僕以外のメンバー、特にA-taroが曲を持ってきた事に端を発して
メンバー全員の曲を入れてみたい、と
そしてそれらの曲に仮想的外国観(要するに“なんちゃって”)を感じて
アルバムをインチキ世界紀行にしてみよう、と
そう僕が思った事が選曲のきっかけになっているというわけ。
結果的に世界紀行感は失せちゃったけど
前作の様な各曲が独立した所謂“ソングブック”よりもトータル感は出てると思うんだけど
どうかな? ★
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。