スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛の方舟

いよいよアルバムラストの曲。
この曲は元々リハの時にクッキーが
「途中までしか出来てないんだけど」
とか何とか言って披露した16小節を頼まれてもいないのに(爆)
スタジオでピアノに向かって続きを作ってしまったという1品。
その間僕以外のメンバーはその場で全然関係無いジャミング。
大音量で。(火暴)
後で聞いたら本人はバラードみたいにしたかったらしいんだけど(爆)
個人的にモチーフからラスヴェガスやハリウッド映画の雰囲気を感じて
それプラス、プログレ的な複雑怪奇な展開にしたいな、と
勝手に筆を進めて。(火暴)
ロックコンボ編成故にどうしても軌道修正を迫られた部分もあるものの
ステージ映えする曲にはなったと思うのだけれどどうかな?

歌詞は誇大妄想狂が主人公。
まぁ、主人公が“イッちゃってる”っていうパターンは多いかな。(苦笑)
ステージ映えすると言えばこの曲はピアノで始まり
2本のギターでリレー/バトルするというアレンジにしちゃったもので
以前の様に専任キーボードがいるならまだしも
現在の編成でライヴ演奏する場合は自分が非常に忙しいという
またしても自らの首を絞める結果となってしまったのだった。(木亥火暴) ★
スポンサーサイト

ひとりごと

おっと、今回は1週間と経っていないぞ。
なんて気まぐれヴィーナスなんだ。(爆)

今回は「ひとりごと」について。

アルバムを作るにあたって選曲してみたら
どうしても“クドい”曲ばかりになってしまうので(当然か)
何か、清涼剤的なものはないだろうか?との打診を受けて
即座に思いついたこの曲は実を言うと収録曲中恐らく一番古いもの。

マルベリーズ最初のメンバーチェンジの際、少し休養を取った時に
使う使わないは関係なく結構色々と曲を書いていた中のストック。
いつものようにピアノと戯れていた時のミスタッチ(コード)から広げていった。
よくあるんだ、このパターン。
禍転じて福と為す、と言えば大袈裟か?

実はかなりお気に入りの小品で
弾き語りライヴなんかでは必ずクロージングテーマにしていたな。
いずれきちんと録音したい、
その際は是非ともギターオーケストレーションで、
と思っていたので収録が決定するや否や、その旨をクッキーに依頼。
譜面を求められたので汚い手書きのものを送ったところ
案の定、見落としが発生したりして。(苦笑)
結果としては予想以上の仕上がりに大変ご満悦。
但し、編成の都合によりなかなか逢瀬での披露は難しくて、
今のところ昨年のレコ発での「曲順通りに演奏」という命題の時だけに
留まっている次第。 ★

恋の願い

週間はおろか、月間化、前回は4月だから隔月化してるな。(超苦笑)

思い出したかの様に今回の御題は「恋の願い」。

この曲は道ならぬ恋、成就しないと心の何処かで諦めていながらも愛を止められない、という歌。
ある日、友人宅で大好きな某バンドのレアなライヴ映像を観せて貰ったら
翌朝目覚めと共にこの冒頭の節が浮かんで、そのまま忘れなかったので続きを作った。
8分の6拍子はバンドにとっても初めてだし、個人的にも2,3曲しか作っていなかったので
意欲作かな。
歌詞はプレゼン時には冒頭の部分を仮にウケ狙い、冗談半分で付けておいたんだけど
意外にマジに取られた(ウケなかっただけ?)みたいなのでそのまま狂おしい(鬱陶しい?)方向で仕上げた。

どうやらライヴ映えするみたいで、その後殆どの逢瀬で披露してるかな。
しかしまさかアルバムの中核を成す曲にまで昇華するとは思わなんだ。(苦笑) ★

君にハロー

あー、また凄く間が空いてしまった。(苦笑)
そんなこんなで今度の土曜日、24日は渋谷La-mamaで逢瀬なので
是非ともご来場下さいな。
と、まずは告知。(笑)

「君にハロー」はクッキー作。
確か、「“君にハロー”って曲を作って。」
って僕がオーダーした様な気がする。(爆)
例に因って悪ノリの極地の様なキャッチーチューン。
改めて書いておくけどシングルとアルバムはヴァージョンが違うので要注意!
因みにシングルは初回プレスとその後のプレスではジャケットも違うので更に要注意!!
要注意だらけの曲、って事で。 ★

麗しのイザベラ

ようやくトラック5。
これも古い曲だから思い出しながら書いてみよう。
この曲はA-taroから
「なんか、インチキスパニッシュを作ってよ。」
と言われてとりあえず一番フラメンコに聴こえるギターのパターン
(ローコードのEとそれを一フレット高い方にずらすアレ)
からパッとメロディーを作って、それにギターリフを僕が作って乗せたんだな。
最初にメンバーに聴かせた時、皆、あまりの“まんまさ”に全員大爆笑。
とりあえず私欲を抑えてとにかく分かり易過ぎる位分かり易い曲にしようと
いちいちコード進行は凝らなかった。(木亥火暴)
そしてとにかくバカバカしい展開にしよう、と。

実際、出来上がった曲が果たして客にウケるのか否か皆目見当が付かない中
初演を迎えてみたら想像に反してバカウケ。(爆)
これが、「恋のファンファーレ」のシングルにカップリングされているヴァージョン。
当初はあまりの演奏の良さにクッキーが
「これをシングルにしよう。」
と言ったのを流石に長いし変な曲だからと「ファンファーレ」をA面にして
「イザベラ」をカップリングに、と池袋で電話で指示したんだな。(笑)

即、ステージでの人気曲になってスタジオ版を待たれていたし(多分)
今回のアルバムの当初のアイディアである、“異国情緒”を持った曲だったので
異議無く当選という運び。
この曲、アルバムヴァージョンはクッキー入魂のフラメンコギターが大フィーチュアされているけれど
「君にハロー」のシングルのカップリングヴァージョンは
ライヴ版よろしく、僕のリードシンセがフィーチュアされているので
今更ながら要チェック。 ★

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。